読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごまふの中国日記

2015年3月、日本語教師をするために東京から広東省珠海市に引っ越しました。大きなカルチャーショックはないけれど、毎日のなかで小さなギャップは感じるもので。忘れないうちにそんな小さなことをメモしていきたい。

日本で買ってきたものメモ

学校の冬休みが終わり、日本から中国にもどった。

次回日本に帰るのはまた1年後の予定なので、

来年のために、帰国の際のもろもろの出費の概算をメモしておく。

 

《ごまふ的必要経費》合計 約20万円

・交通費(フェリー、香港−関空航空券、関空付近ホテル2泊、関空-実家間電車)9万円

・通院(歯科、眼科、皮膚科&薬)4030円

・Wifiレンタル(17日間)7302円

・衣服 5250円

・本(資料5冊) 7992円

・お土産(日本人に、中国人に)8287円

・コンタクトレンズ(2week・1年分)24761円

・化粧品・薬品(基礎、メイク、目薬等・1年分)45857円

・食品(乾燥椎茸、昆布、ふりかけ等) 6141円

 

《上記以外。交際費など》合計 約6万円

大阪・東京の友人との食事、実家-東京への交通費、本など

 

合計26万円。

化粧品は今まで使ってたものはやめて、

これ以下のはないってほどお安いものを買ったけど、

一年分となるとやっぱりそれなりにいってしまう。薄給なのにまずい。

ごまふの場合、空港(関空)から実家までも遠いので

ホテルに泊まったりしてさらに出費。

まあその辺は変えようもないので仕方ない。

必要な項目はけずれないけど、

来年はそれぞれもっと安くおさえられるよう下調べを念入りにしよう。

 

ちなみに。

中国に戻るまで、一番心配だったのがスーツケースの重量。

今回、船便などは使わないと決めていたので、

日本で買ったものは全部スーツケースに詰めた。

(昨年、冬服を実家から送ってもらったら関税を徴収されたので

ごまふ的に荷物の郵送はパス。)

gomafu1101.hatenablog.com

 

飛行機は往復ともANAで、

エコノミーでもスーツケース24kg・2つまで無料なので

スーツケース大1つのごまふは、ほぼ、ぜったい、大丈夫、とは思っていたけど、

空港で荷物を預けるまではずっと心臓がバクバクしていた。

 

結果、23.7kg。自分で自分をほめたいと思った。

 

スーツケースに荷物をつめる際、いつも気をつけてるのは

片手で持って10メールぐらいは歩ける重さにおさえること。

大きいスーツケースを使うときは空港やホテルまで宅急便で送るので、

ついうっかり、自分では持てない重さまで詰めてしまうことがある。

そんなときに限って、空港を出てから階段しかない場所に出会ってしまい、

手が抜ける思いをして運ぶ。

あんな思いはもう二度としたくない。

旅なれた人ならそんなこと当たり前だと思うけど、

ごまふの場合はちがうので毎回要注意。

 

※今回のスーツケースの重さの目安:

片手で持ってなんとか5分は歩けるだろうレベル。

ベッドなんかに載せるときは両手で持って膝で押し上げる要領でなんとかかんとか。

ごまふの場合、この程度なら24kg以内ってことで。

 

ランキング参加中。

ここのいろんなブログをのぞくと、

中国ってほんとおもしろいなって思う

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

にほんブログ村

 

日本や内陸に比べればまだまだだけど、寒いもんは寒い。

先週あたりから、

学生たちに来週は寒くなりますよーと言われていた。

 

昨日からマジで寒いです。

部屋は8度、湿度が50%。

f:id:gomafu1101:20160124181022j:plain

日本や中国の他の地域に比べれば

マシなのはわかってるけど、寒いものは寒い。

 

以前グッと冷え込んだときに

赤外線ストーブを買うか、洗濯乾燥機を買うか迷って

保留にしたことを後悔。

中国人先生がたは洗濯乾燥機を使ってるそうで、

使ってる間は部屋も暖かく(熱く?)なるそう。

(※洗濯乾燥機:ネットで見たところ、ハンガーラックにカバーをかけて、

下から温風を当てる、かなり簡単な作り。)

どちらも200元前後(約4000円)で、寒さを我慢することを思えば

そう高いものでもないので早めに買っておけばよかった。

一時期は寒かったものの、それを乗り越えたら

先週までたいして寒くなかったんだよなあ。油断した。

こう寒くては買い物に行く気もおこらない。

小雨も降ってるし、バスは暖房がないうえに冷房を効かせてるし。

そんなバスに一時間もゆられて無事でいられる自信がない。

 

本当はベッドから出たくないけど、授業の準備があるので

机に向かうしかない。

フリースのうえにダウンコートを重ねてマフラーを巻いて、

下半身にはもう一枚のダウンコートを巻きつけて。

靴下もズボンも2枚ばき。

これでなんとか仕事ができる。

でもパソコンを打つ手が凍える。手袋もつけるか。。

 

 

ランキング参加中。

ここのいろんなブログをのぞくと、

中国ってほんとおもしろいなって思う

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

にほんブログ村

 

今の仕事を選んだ理由

はてなブログの今週のお題にのっかって、

今までのお仕事ふり返りから。

 

新卒で入った会社は、某ファーストフードチェーン店を展開する会社。

そこで店舗、本社商品企画部を経て退社。

文学部だったので周りは出版社だ国語教師だ図書館司書だと

それっぽい職業についていたけど、ごまふは正直そのどれにも興味が持てなくて、

まあ食べ物関係なら興味持てるかも?ぐらいの意識で就職。

学生時代も接客のバイトが好きだったし、

高校生や大学生に囲まれて店舗勤務は楽しかったなあ。

(本社勤務は一転、スーツを着たおじさん・おばさんに囲まれて、

もうその環境だけで楽しくなかった。若かったんだなあ)

 

それが、本屋で立ち読みした雑誌で「コピーライター」という職業の存在を

知って転職。

当時は大阪にいたけど、未経験でこの仕事につくのはなかなかハードルが高くて、

新卒当時よりもたくさんの会社に応募したなあ(遠い目)。

それで、前職でマーケティング関連の経験があったのでなんとか

ある会社に拾ってもらえた。

(コピーライターとマーケティングは切っても切り離せない)

会社こそ何度も変わったけど、なんだかんだで十数年続けた。

コピーライターは発想力や文章力が必要なんでしょ?なんて思われがちだけど、

もちろんあるに越したことないけど、

いちばん大事なのは、打たれ強さと体力、それに空気を読む力だと思う。

その辺に自信のない人にはおすすめしない仕事です(あくまで個人の感想です)。

ま、どんな仕事もそうかもね。

 

それが(再び)、久々に会った友人に触発されて日本語教師に。

その友人はコピーライター時代の同僚で、

現在オーストラリアで日本語教師をしている。

オーストラリアでは日本語教師も大学院卒が標準だそうで、

日本の大学を出てはいたものの、現地でも大学・大学院と進んで

その大学の日本語教師になった。

永住権も取れたので日本にはもう帰らないつもりらしい。

会ったときはへえ〜ぐらいの気持ちだったんだけど、

結果影響されたかなって思う。

でも他の仕事なら影響されなかったと思う。

なんだかんだで日本語が好きだから選んだのかな。

コピーライターという仕事も日本語と関わりたくて選んだんだって

今なら思うし。

 

日本語教師を中国ではじめてもうすぐ一年だけど、

今までやったどの仕事より楽しいと思う。

それに、今までの経験がすべて生かせる仕事だとも思ってる。

(お給料少なめなのがタマニキズ)

 

 *******

こうして振り返ると、ぜんぶ思いつきで、

その時その時で、これいいかも、好きかも、ぐらいで仕事を選んできた。

もっと収入とか将来とか考えて選べたら良かったんだけど。

何度も何度もそう思ったんだけど、どうしてもできなくて。

きっと今後もこんな感じで仕事してくんだろうなあああ。

 

 

ランキング参加中。

ここのいろんなブログをのぞくと、

中国ってほんとおもしろいなって思う

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

にほんブログ村

 

中国人の平熱って37度ぐらいらしい。うらやましい。

先日、会話の授業で

医者と患者(風邪で熱がある)という設定で学生に2人ずつ会話をさせた。

あるテキストの設定をそのまま利用したので

その設定通りに会話をすれば、患者の熱は「37度2分」なんだけど

数人の学生は「38度熱があって…」とか「熱は40度です…」なんて言う。

いつも、こちらが与えた設定通りには会話しないので、

またウケを狙ってアレンジしたかな?

なんて流しかけたけどいちおう確認してみた。

 

中国人の平熱って何度?

 

学生それぞれ言うことがまちまちなんだけど、

まとめると、どうも37度ぐらいが平熱らしい。

日本では平熱35度台の低体温女子が増えてるというから、

平熱が37度もあるなんて、ずいぶん健康的。

平熱が高いと免疫力が高いんだよ、たしか。

そういえば、彼らは夏でも冷たい水って飲まないしね。

なんならお湯とか花茶飲んでるし。

お風呂にはつからないのにね。他にも秘訣があるのかな。真似したいもんだ。

 

ともかく、裏はとってないけど平熱は日本人より高めっぽいので、

37度2分で風邪です、医者に行きますって設定は彼らにとっては不自然かもね。

38度ぐらい出てはじめて発熱って感じなのかも。

 

ちなみに今、ごまふは37度ぐらいの微熱があって、くしゃみ、鼻水ずるずる。

年に一度も風邪をひかないのでほんと珍しいんだけど、

鼻とか出ると授業がしにくいので、明日にはなおってるといいなあ。

 

 

ランキング参加中。

ここのいろんなブログをのぞくと、

中国ってほんとおもしろいなって思う

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

にほんブログ村

 

無料でかわいいマカオ土産。

 マカオへ初詣に行ってきた。
 

 場所は、年末にも行ったこちら。

ほんとうは以前写真に撮ったうずまき線香を炊きたかったんだけど、

売り物はないそう。で、30cmぐらいの長い線香の束を購入。

周りの人のやり方を見よう見まねで真似てお参りしてきた。

 

今回は学生がひとり、

自分も買い物したいからと言ってお供してくれたので

線香あるなしのやりとりも難なくクリア。

おかげでコンビニでマカオのバスカードも買えた。

※店員と学生のやりとりをすぐ横で聞いていたけど、

中国語なのか広東語なのかいまいちわからなかったのは秘密。

(学生は地元っ子なので広東語もバリバリ)

でも言っている意味はうっすらわかったから中国語だったのかなあああ。

そもそもごまふの中国語レベルがアレだってこともあるけど、

マカオの人の話す中国語にまだ耳のチューニングが合わない感じ。

 

さて、今回見つけたもの。

マカオ政府発行のイラストマップ。無料。

f:id:gomafu1101:20160109210434j:plain

広げるタイプ。かわいい。

f:id:gomafu1101:20160109210449j:plain

裏には観光情報がびっしり。

f:id:gomafu1101:20160109210504j:plain

かなり大きいので街中で広げるのは厳しいんだけど、

眺めているだけで楽しくなる。

来月日本に帰ることだし、これはいいお土産になりそう。

 

 

《今回の買い物メモ》

・線香 20香港ドル

・バスカード 130香港ドル

・ヤオハン(デパート)176香港ドル(チーかま、インスタント焼きそばなど)

・パン 63香港ドル(クロワッサン、カンパーニュ)

・パン 6香港ドル(オリーブ入りパン)

・ダイソー 104香港ドル(ふりかけ、鰹節、とろろ昆布など)

 計499香港ドル(約7984円/約400元)

 

今回のマカオ行きの目的は

初詣と味噌を購入することだったはず。

(学生が味噌汁を作ってみたいと言うので)

自制心が弱いもんだから高くついた。大事に食べる。

 

 

ランキング参加中。

ここのいろんなブログをのぞくと、

中国ってほんとおもしろいなって思う

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

にほんブログ村

 

正月(新暦)のすごしかた

2016年が明けた。
昨年も無事にすごすことができて、ほんとうにありがたい。
20代から30代前半までは日々、仕事でもプライベートでも
刺激があることがいいことだと思っていたけど、
いまは1日1日が平穏にすぎて行くことがうれしい。
からだも心も健康で仕事ができるってありがたい。
 
さて、中国のお正月は旧暦正月(春節)が本番なので
「1月1日はイベント感ゼロ」と聞いていたんだけど、
大晦日の昨日、市街地では花火が上がったり、
イオン前の大きなクリスマスツリー(まだある)がライトアップされ、
ステージが作られ、クラブ系音楽がガンガン流され、
人出も多くて、カウントダウンライブでもあるの?といった様子。
(夜ご飯だけ食べて早々に帰ったのでその後何があったかはわからず)
クリスマスもそうだけど、新暦正月も徐々にひとつの(おそらく商業先行の)イベントとして浸透してきているのかなと思った次第。
 
ちなみにごまふが務める学校は本日はお休みで、土日合わせて3連休。
聞けば会社なども1日はお休みのところが多いらしい。
 
ともかく休みといえど、授業準備をする必要があるので
そうそうのんびりはしてられないんだけど、
お正月ぐらいは…と思って本を買ってきた。
f:id:gomafu1101:20160101201142j:plain
東野圭吾「容疑者Xの献身」中国語版。35元(約700円)。
同僚先生が面白い面白いというので影響されて。
以前原作を読んで内容は知ってるので
今回は辞書なしで読めるといいななんて甘い考えもあったりして…。
この三が日でぼちぼち読んでみよう。

 

 

ランキング参加中。

ここのいろんなブログをのぞくと、

中国ってほんとおもしろいなって思う

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

にほんブログ村

 

日帰りマカオ(5)食べたもの、買ったものまとめ。

2回のマカオ行きで、食事したのは1回だけ。

 

ホテルリスボアのレストラン「Night&Day」で。

※店名:本当は漢字とポルトガル語表記。完全に忘れた。

f:id:gomafu1101:20151226224432j:plain

海老のビスク。

f:id:gomafu1101:20151226224509j:plain

サラダ。4人分ぐらいある。写真でサイズ感が表現できず残念。

 

合計110香港ドル。約1760円。中国元で考えたら88元。

いつもの昼食が12元だから、かなり贅沢なんだけど、

生野菜や洋食に飢えてるのでいいってことで。

マカオには他にも有名ホテルがたくさんあるので、

毎週とはいかないけど、時々は朝食か昼食を食べに行こう。

(お高いと思うけど、日本で行くよりはお手頃なはず。。)

 

※マカオ通貨メモ:

マカオの通貨はパタカ。でも香港ドルも中国元も使える。

パタカと香港ドルはレートがほぼ同じらしいし、

香港ドルなら香港でも使えるのでごまふ的には香港ドル。

中国元はそのまま使うとレート的に損らしいのでナシ。

 

そして買ったもの。パン&

f:id:gomafu1101:20151226224731j:plain

ふりかけ、インスタント味噌汁、とろろ昆布。ダイソーにて。

マカオには大きなダイソーがあるのでいい。

安くても約208円だけど!(物によって値段がちがう)

ちなみに中国のダイソーは約200円。日本円に換算すると微妙に安い。

 

なんとなく入ったスーパーで購入。

f:id:gomafu1101:20151226220138j:plain

出前一丁のポテトチップス。

日清と湖池屋のコラボ。香港製造。

他にもカップヌードル味もあった。

マカオのスーパーには

中国よりも日本のお菓子やインスタント麺などがたくさんある。

マカオのデパート「ヤオハン」にもたくさんあった。

しかもお値段も少々安かったりする。

 

ボーダーの往復に多少時間がかかるけど、

これから週末の買い出しはマカオがいいかもしれない。

 

ランキング参加中。

ここのいろんなブログをのぞくと、

中国ってほんとおもしろいなって思う

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

にほんブログ村